BRAND CONSULTING

ブランドコンサルティング

徹底的な言語化によるブランド・コンサルティング
言葉で説明できるコーポレート・ブランドをつくるお手伝いをします。
生活者の方々のブランド体験を豊かにするブランド・コンサルティング
ブランドをつくるのは、世の中の生活者のブランドとのコンタクト・ポイントおける体験です。その体験をデザインするお手伝いをします。

ブランドって何?ブランディングって何?

ブランドと聞いて、何を思い出しますか?海外の高級ファッションブランドを想起する人もいれば、かっこいいブランド・ロゴを想起する人もいるかと思います。 優れたパッケージ・デザインを想起する人もいるかもしれません。
それらはどれも間違いではありませんが、ブランドを構成する1要素に過ぎません。

我々もブランドの定義にはたくさんあると考えていますが、簡単に言うと、「らしさ」のことをいいます。そのブランドにしか提供できない「特別な価値」のことです。 また、ブランドにはコーポレート・ブランドと製品ブランドの2つがあります。例えば、トヨタというコーポレート・ブランドとプリウスという製品ブランドです。
前者はトヨタという会社のブランドであり、後者はプリウスというトヨタが製造販売する自動車のブランドです。
トヨタのように、コーポレート・ブランドと製品ブランドを使い分ける会社もありますが、多くの中堅・中小企業の場合、圧倒的な製品を有しない限り、コーポレート・ブランドと製品ブランドは一致させるべきだと考えています。従って、中堅中小企業がまず取り組むべきは、コーポレート・ブランドをつくるということになります。

先ほど、ブランドは「らしさ」であると言いましたが、何かホワーッとした空気のような得体の知れないもののような感じがしませんか。それは、皆さんが、多くの世にあるブランドと思われるものを、明確な言葉で表現して納得して買っている訳ではなくて、「なんかいいよね」、「何となく素敵だわ」などの感覚に訴えてくる力で購買に至っているからです。 各々のブランドが提供して価値を、自分なりに明確な言葉で表現して納得してから買っている訳ではないからです。だから、ブランドと言われても、雲の上のものを掴むような得体の知れないものだというような感じを抱くのだと思います。

自社のブランドとは何なのか、つまり、自社独自の提供価値とは何なのかを徹底的に考えて、言葉でまとめ上げることがブランディングの本質になります。

どんな会社でもブランドを纏えるのか?

 とはいえ、全ての会社がコーポレート・ブランドを纏えるのかと言うと、そんなことはありません。
ブランドを纏うには一定の資格があると我々は考えています。その資格とは、創業100年以上の老舗であるとか、ラグジュアリーな商品を扱っているとかそのようなことではありません。その資格とは、「競合する製品・サービスと比較して、機能・品質の面で同等以上であること」と、「ブランドをつくり、育成していくだけの社員の量と質が備わっていること」の2つです。

当たり前の話ですが、製品・サービスの本質的価値はその機能と品質にあります。スマートフォンは、通話、メールが問題なくできて、フリーズすることもなく、防水も完全であることがまず優先されます。そういった機能や品質面をクリアすることなく、どれだけクールでかっこよいスマートフォンであっても、生活者に受け入れられることはありません。アップルのiPhoneが売れるのも、機能・品質の面で一定以上のレベルを確保しているからです。機能や品質に問題がある場合に、情報戦であるブランディングを行っても、その情報はメッキを塗ることと同じようなものなので、いずれ化けの皮が剥がれてしまいます。 このように製品の機能や品質の面で一定レベル以下であるような場合には、通常のブランディングのフェーズに入る前に、製品やサービスの機能や品質そのものを強化することから始める必要があります。つまり、「実体強化」を優先してやりましょうということになります。

また、ブランディングには時間と労力がかかります。言語化されたブランドの提供価値を、世の中の生活者と企業との接点(コンタクト・ポイントといいます)に落し込んでいくわけですが、その落し込みには時間と労力がかかります。 今まで実施していた施策を強化したり、新しいコンタクト・ポイントを作ったり、生活者と企業とのあらゆるコンタクト・ポイントを見直して、各々においてブランド体験を強化するわけです。 従って、マネジメントの方々ばかりでなく、全社一丸となってスタッフの皆さんにもご協力頂く必要があります。スタッフの方にかける負担があまりに大きくなり過ぎると、ブランディグを実施したことが逆効果になり、スタッフが疲弊してしまい、逆にお客様に対しての対応が疎かになってしまったりします。

ですから、ブランディングの成功の可否は、スタッフの量と質にも大きく依存することになります。このようにスタッフへの負担等があまりに大きい場合には、コーポレート・ブランドをつくるのは将来の課題としておいて、製品ブランドを強化することに注力するケースもあります。

ですが、一旦コーポレート・ブランドを纏い始めると、逆にブランドがスタッフをモチベートすることになりますから、スタッフの働く意欲、もしくはリクルーティングなどにも良い影響をもたらすことは間違いありません。

外向けのブランディングだけでなく
同様に内向けのブランディングも重要

 ブランディングというと、企業外部のお客様に対して自社ブランドを好きになってもらう活動であると勘違いされる方が多いのも事実です。企業外部の生活者の方々に自社ブランドを好きになってもらう前に、社内のスタッフに自社のことを好きになってもらう必要があります。
そこで働くスタッフが自社のことが好きではないような会社を、企業外部の誰が好きになれますか?ということです。ですから、企業の外向けのブランディング(アウター・ブランディング)だけでなく、企業の内向けのブランディング(インナー・ブランディング)も同様に重要なことなのです。

自社のブランドを社内に広めて、スタッフ自身がブランドを体現するようにならなければ、外向けのブランディングも上手くいかないということです。企業外部の生活者の方と接して、ブランドを発信していくのは多くの場合スタッフ自身であるからです。このように考えると、自社ブランドに相応しいスタッフを育て上げていくことが人材育成の観点からは当然に必要になってきます。従って、ブランディングは人事評価制度などの人事政策と密接な関わりを持つことになります。人事制度も、人事コンサルタントにその設計を依頼しても、ブランドを含めた全体感のある制度設計は到底できません。

このように、ブランディングと人事制度設計は切っても切れない関係にありますので、それらは同時に行う必要があるのです。

ブランド・コンサルティングプログラムの概要

我々の実施するブランド・コンサルティングは、「なんとなくを徹底的に言葉にすることで、ブランドの提供価値を明確化すること」と、「生活者とのコンタクト・ポイントにおけるブランド体験をデザインすること」に特徴があります。

ご予算に応じて、期間・訪問回数などを決めさせていただきます。ご予算があまりない方も、それなりの方法を考えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

  • ※Webの作成やWebデザインの再考、商品パッケージ・デザイン等が必要になった場合には、別途専門家を利用します。
  • ※フェーズ3と4は逆になることもありますし、同時並行になることもあります。
  • ※プログラム終了以降、モニタリング等で必要があれば契約の継続は可能です。その場合には貴社よりお申し出ください。こちらから契約の継続を催促することはありません。